卒業式は袴姿で! 京都から上質の着物を全国宅配、スモールからワイドまでサイズも豊富!

お電話でお問い合わせ 各種お問い合わせ

着物&袴選びの流れ 着物と袴の組み合わせは自由! 以下の流れで着物と袴をお選びください。

■画像と違う袴にしても追加料金は発生しません(ワイド・ブランド品を除く)
袴のカタログ内では「袴単品レンタル」での価格が表示されていますが、フルセットご注文の場合、追加料金はかかりません。
  • ワイドサイズ・ブランド袴をご利用の場合は追加料金が発生します。

お着物の種類

袴単品カタログ
■小振袖に袴を合わせるスタンダード袴
小振袖とは、袖丈が二尺(76cm)の長さのもので、二尺袖とも呼ばれます。袖が短いため動きやすく、スタンダードな袴姿になります。
ショート丈・ロング丈がありますが、下に袴を履きますので、身丈は関係ありません。身丈は気にせず柄でお選びいただいて大丈夫です。
■振袖に袴を合わせるゴージャス袴
振袖に袴を合わせるので、袖丈が長くゴージャスな着こなしで人気です。
振袖用の袋帯は入っていませんのでご注意ください。
■小中学生向けジュニア袴
着物の肩の生地をつまみ、縫い上げてゆきを短く調節した着物です。小中学生のお子様向けのお着物ですが、お子様の裄を測っていただき、裄64cmでは短いようでしたら、大人用袴カタログからお選びください。
袴はジュニア用を選んでいただくことができます。「お着物は大人用」+「ご身長にあったジュニア用の袴」の組み合わせでもご利用いただけます。

サイズの測り方

ゆき
首の付け根の背骨から肩を通って、手首の間接までの長さです。ジュニア用は肩上げを行っておりますので、大人用よりも短くなります。
袖丈そでたけ
肩から袖下までの上下の長さです。
袴丈はかまたけ
袴のひだから始まる部分から裾までの長さです。紐の部分は含まれません。草履でご着用の場合はみぞおちの5cm下から足のくるぶし中心までの長さがベストの袴丈です。
ブーツの場合は少し短めにするのがオススメです。
袴のアンダーバストについて
袴は横の締め具合で幅を調整いたします。お客様のアンダーバストが広い場合、横の開きが目立つことがあります。アンダーバスト65~85cmぐらいまでが綺麗にご着用いただけます。(最大90cmまで対応)
ジュニアサイズ(SS75~SS85はアンダーバスト64cm以下対応です。

着物・袴選びのポイント

小学生・中学生の方のご利用は、裄の長さで確認します。首の付け根の背骨から肩を通って手首の関節までの長さを測ります。このとき、腕はすこし斜めにのばした状態で計測してください。64cmより長ければ大人用でも大丈夫です。
お着物が決まったら次は組み合わせる袴選びです。草履かブーツを履くかで理想の袴丈がかわります。
草履でご着用の場合はみぞおちの5cm下から足のくるぶし中心までの長さがベストの袴丈です。
ブーツの場合は少し短めにするのがオススメです。(下記の袴サイズ表をご参考ください。)
※ブーツはご購入またはご自身でご用意いただきますようお願いいたします。

袴サイズ表


お子様で、ご身長が143cm~145cmの方は、「SS85(ジュニア用袴)」「S(大人用袴)」のどちらでも対応できますが、アンダーバストが64cm以下の方はジュニア用をご選択ください。

また、洋服サイズ15号以上の方対象(アンダーバスト90cm以上)のワイドサイズもご用意しております。袴丈は各通常サイズと同じです。フルセットでのご予約の場合、ワイド袴をご選択の際には追加料金がかかります。

胸囲65cm~85cm(最大90cmまで対応)… 大人用S~3L
胸囲90cm以上 … 大人用ワイドMW~LLW
胸囲64cm以下 … ジュニア用SS75~SS85

詳細画面の見方