売れ筋ランキング









はじめての着物デビューも安心♪京都の店舗で実際に試着して、サイズや色柄をご確認いただけます! どれを着たらいいのかわからない時など、専属のスタッフがサポートします。

無料ご試着会・お下見会は、ご予約制で毎日実施中!!
営業時間:10:00~19:30( 最終ご入店時間 18:00) / 休業日:年末年始(12/31~1/3)

ご予約頂いたお着物を安心してご利用いただけるよう、「きもの安心保険」のサービスをご用意しております。ご返送いただいたお着物の多少の汚れでしたら、当店のお手入れで落とせますので、追加で修繕費等は頂きません。+1,000円で安心してお着物をご着用いただけますのでご加入がおすすめです。

期間限定キャンペーンもあり! ぜひチェックしてみてください。

お母さんの訪問着レンタル 同時注文で2000円引き

着物をレンタルしたら写真撮影も! 夢館ではスタジオ撮影も承っております

前撮り撮影
お客様写真集 デザインアルバム

夢館の着物レンタルは初めて、という方に

会社案内 セット内容 各種料金表
  • 七五三の起源は平安時代とされています。当時は生まれ立ての赤ちゃんの死亡率が高かったため、 7歳までの子供は、神の子とされてきました。 そのため、3歳、5歳、7歳に神社や寺などに行き、この年まで無事に成長したことへの感謝、 そしてますますの成長と幸せを神様にお願いするようになりました。これが七五三の由来です。

  • 三歳の男女、五歳の男子、七歳の女子が11月15日にお宮参りをし、子供の成長を祝う行事です。 子供たちは晴れ着に身を包み、千歳飴を持って家族と一緒に各地の神社にお参りをし、記念撮影するのが一般的です。

  • 《男の子と女の子 七五三の意味は?》
  • 七五三は、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にそれぞれの意味を持ちます。
  • ◆髪置(かみおき)3歳・・・とも初めて髪の毛を整え伸ばし始める
  • ◆袴着(はかまぎ)5歳・・・男の子が初めて袴をはく
  • ◆帯解(おびとき)7歳女の子が初めて帯を結ぶ
  • 男の子は近年、5歳のみとされています。3歳と5歳では年齢の感覚が狭いことから、 3歳の風習が薄れていったようですが、 夢館ではほんの少しですが、3歳の男の子用の被布・羽織袴と2タイプ、ご用意しております。
  • ぜひ、男の子3歳の七五三にも利用してみて下さい!!!!